よっとーくりゃす

 

毎週水曜日、京都生協の個人取引ステーションに品物が配達される際に開かれる居場所。

毎月第四木曜日には絵手紙教室、偶数月・第一土曜日にはガレージバザーと無料喫茶も開催しています。 毎週水曜日には25人ほど、バザー開催時には100人ほどの人が集まって賑やかなまちの縁側です。

「よっとーくりゃす」は京都弁で「立ち寄ってください」の意味の「よっておくれやす」をくずした言い方。「気張らず気軽にいらっしゃい」という気持ちが込められています。

 

 


住所    : 〒601-8438 京都府京都市南区西九条東比永城町15-1

連絡先    : TEL  075-672-1458 (問い合わせ担当 増田 隆子)

                FAX   075-672-1458 (問い合わせ担当 増田 隆子)

代表者    : 増田 隆子 氏 

開催日時  : 毎週水曜日 (京都生協個人引取ステーション)

         毎月第四木曜日(絵手紙教室)

         偶数月・第一土曜日(ガレージバザー)

利用料    :絵手紙教室  500円


 

居場所の紹介

 

増田さんの自宅の一部を開放しオープンスペースにしている。毎週水曜日の京都生協の個人取引ステーションに品物が配達される際に開かれる居場所。このほか、月に1度の絵手紙教室、2か月に1度のバザーも開催している。活動の告知は主にビラと口コミで、大々的に行っているわけではないが、来るもの拒まず誰でも参加することが出来る。

 

 

きっかけ

 

もともと生協の個人取引ステーションであった増田さんの自宅の一部を改築し、オープンスペースとして解放したのがきっかけ。

 

経緯

 

2008年 設立

バザーも2008年から開催。

絵手紙教室は十数年前から実施している。

 

 

 

ひと・もの(場所)・お金

 

ひと

 

毎週水曜日に開放しているスペースには6人のスタッフがいる。(組合員の方4名、若者2人)

絵手紙教室は先生と生徒さんで運営。当初3、4人だったが増えてきている。

バザーの際は8人ほどのスタッフと、協力してくれている業者の方とともに運営している。

 

  

もの(場所)

増田さんのご自宅を開放している。

 

 

お金

運営費は主にバザーの収益。

バザーの収益は生協のもくもく拠金に寄付したり、スタッフのバイト料にしたり、積み立てしたりしている。

 

運営のコツ

1.まずは、楽しむこと!

2.収支を合わすこと

3.方向性を持って、活動を広げていくよう考えながら運営していくこと

 

ルールと目標

 

ルール

おしゃべりしたことを口外しない

勧誘などしない

 

目標

敷居が低く誰でも気軽に立ち寄れる場所にする

来てくれた人がいろいろな問題を共有できる場所にする

来てくれた人が経済的、精神的に自立する



増田チィーちゃん
増田チィーちゃん

増田さんが猫を飼ってくれる方を募集しています!

元飼い主さんが高齢のため飼ってもらえなくなったそうです・・・。

 

*増田チィーちゃん(6才メス)

性格:人なつっこい

    だっこ大好き♪

    お行儀もいいです。

    元気です。

 

飼い主さんが、無事に見つかりました。

ご協力ありがとうございました。


文責:朝岡・辻